第一章 名称及び所在地

第1条
本会は、愛知県立国府高等学校野球部OB会と称する。
第2条
本会は、事務局を事務局長宅におく。

第二章 目的

第3条
本会は、会員相互の社会的結束と親睦を図り、併せて、母校野球部の後援と向上発展を図ることを目的とする。
第4条
本会は、特定の個人、または法人その他の団体の利益を目的とする事業を行わない。

第三章 事業

第5条
本会の目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. 会員相互の親睦を図るための野球試合。
  2. 母校野球部の向上と発展のため、野球部に対する物心両面の援助。
  3. 新入会員のための入会式。
  4. 会員名簿、機関紙を必要に応じて発行。
  5. その他、目的達成のため必要な事業。

第四章 会員

第6条
本会の会員は、愛知県立国府高等学校を卒業し、硬式野球部であったものとする。

第五章 役員理事

第7条
本会には、次の役員をおく。
1.名誉会長1名(現職校長) 2.会長1名 3.副会長若干名 4.会計3名 5.事務局長1名 
6.庶務2名 7.常任理事若干名 8.会計監査2名 9.顧問
第8条
本会には、各年次卒業OBの互選によって、代表1名が理事となる。
第9条
本会の役員のうち、正副会長、会計、会計監査は、理事によって構成する理事会で選出される。その任期は1年とし、再任を妨げない。尚、事務局長は理事との重任はできない。
第10条
事務局長、庶務は、会長の指名により役員会で任命され総会で承認される。
第11条
常任理事は、理事会で理事の互選によって役員となる。
第12条
本会は、顧問をおくことができる。顧問は、役員会で推挙された者とし、役員会で意見をのべることができる。
第13条
役員の任務は、次のとおりとする。

  1. 会長は、本会を代表し会務を総括する。また、事務局長、庶務を指名する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時は、これを代行する。
  3. 会計は、本会の収支を行う。
  4. 事務局長は、会の運営について事務的な事項を行う。
  5. 庶務は、各会議の議事を記録し、事務局長を補佐する。
  6. 常任理事は、理事のまま役員となり、役員会に参加し、会の運営にあたる。
  7. 会計監査は、本会の会計を監査し、その結果を総会で表明する。

第六章 機関

第14条
本会には次の機関をおく。
1.総会  2.役員会  3.理事会
第15条
総会は、本会の最高決議機関で、次の事項を審議し、出席者の過半数をもって議決する。総会の議長は出席者の中より会長が指名する。

  1. 事業報告並びに収支決算に関すること。
  2. 事業計画並びに収支予算に関すること。
  3. 会の運営に関する承認事項。
  4. 会則の変更に関すること。
  5. その他
第16条
定期総会は、毎年1月2日に開催する。
第17条
会長は、必要に応じて臨時の総会を招集することができる。
第18条
役員会は、正副会長、会計、事務局長、庶務、常任理事によって構成され、会を運営し総会、理事会に図る。
第19条
会長は、必要に応じて、役員会、理事会の招集をして役員、理事の意見を求める。また、役員の要望があれば、役員会・理事会を開かなければならない。

第七章 会計

第20条
本会の経費は、会費、寄付金、その他の収入をもってあてる。
第21条
会費は、会員の納入金であり、次のとおりとする。

  1. 年会費を金3千円とし、会計年度内に納付する。
  2. 卒業生は入会金として卒業時に金2千円を納付し、OB会の帽子を同時に購入する。
第22条
本会の運営に必要が生じたときは、会員より寄付を仰ぐことができる。
第23条
本会の会費は、指定金融機関に口座を設け、振替納入を原則として徴収する。
第24条
本会の会計年度は、1月1日よりはじまり12月31日に終わる。

附則

  1. この会則は、昭和50年6月29日より実施とする。
  2. この会則は平成元年1月1日より、一部改正して実施する。